Das Foto vom Tag.

本家HP『釣り人狼』内のブログという位置づけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DFVT 城南島に虹かかる。

ペンタックス仲間が増えました。
まさか彼が一眼レフユーザーになるとは夢にも思わなかったなー。
買うと言い始めてから半信半疑で色々案内していたけど、まさか本当に買っちゃうとは。
しかもペンタックス。うれしいことじゃないか。

彼が選んだ機種はK-30のブルー(レギュラーカラー)。
レンズはDA18-55とDA55-200を中古で。
これで撮れないモノはほとんど無いんだから良いですね。

K-30はデザインが奇抜でちょっとどうなの!?って思う人も居るかもしれないね。
自分も最初はそうだったんだけど、実物を見るとメチャクチャカッコイイと思うようになったよ。

K-mから続く系譜の中で懸案だったケーブルスイッチへの対応、2ダイアル、専用バッテリー仕様など、かゆいところに完全に手が届いた感じがある。
機能に不足が無いと言うことで、自信をもってオススメできる機種になった。

K-30で見られたあのとんがったデザインはK-50のK-r回帰ということで、方針転換してしまった模様。
あのユニークなデザイン性がこのまま忘れ去られて行くのかな、などと思うと大変寂しい気持になりましたが、彼が補完してくれたことでK-30の勇姿をこれからもずっと拝めそうです。(GJですぞ!)

彼は修理したレンズを喜んで使ってくれるから有り難い。
Mレンズを一つプレゼントしたが、そんなに値打ちのあるレンズではないにも関わらず、とても喜んで使ってくれた。

レンズ沼とは何か、レンズ沼にはまった人間の末路、単焦点は特に危険なことなどなど、決してレンズ沼にははまってはいけない事を何度も何度も警告しつつ、Kレンズ135mmも一つ贈呈した。
なんだか麻薬の売人になった気分なのは気のせいだろうか。

彼がペンタックス仲間ではなくて、写真仲間になってくれることを祈る。
お互い撮りたい被写体が違うから、写真の幅を広げてくれるのではないかと期待してる。

IMGP6622

IMGP6789

IMGP6784

IMGP6808

IMGP6710

PENTAX K-5
smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR
smc PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8ED
LR4.2 RAW現像
若洲・城南島
2013/07/07
スポンサーサイト
  1. 2013/07/16(火) 18:35:10|
  2. Das Foto vom Tag.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DFVT 生きたがる生命

IMGP0201

PENTAX K-5
FA35mm F2AL
SS:1/100
F:8.0
ISO800
Developed by Adobe Lightroom 3.4

Kasuga jinja@Kotohira,Kagawa
22/June/2011


切られても折られても倒れない。

Das Foto vom Tag.

俺もそういう風になりたいとおもった。
  1. 2011/06/24(金) 22:45:12|
  2. Das Foto vom Tag.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DFVT 梅雨 to You !!

IMGP4566

PENTAX MZ-S
FA24mm-90mm F3.5-4.5 AL[IF]
FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400
Scanned by Pentax K-x & Kenko Slide Copier
Developed by Adobe Lightroom 3.4
JR Joban line,Kashiwa@Chiba
5/July/2010



Das Foto vom Tag.

梅雨のあのヤバイ感じの満員電車ですら恋しい。
  1. 2011/06/21(火) 18:47:06|
  2. Das Foto vom Tag.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西へ。 ~震災から一ヶ月~

IMGP8556

やっと一ヶ月なのか、まだ一ヶ月なのか。

東日本に暮らす者にとっても、そうでない者も、多かれ少なかれ震災の影響を被っている。
文字通り火の海と化した気仙沼の夜海を伝える画面を見たとき、目を背け無視するという選択肢が始めから存在しないと言うことを直感した。
不可避な形で突きつけれたこの現実を、どのように解釈するべきのか、私にはまだわからない。
しかし、これは単なる始まりに過ぎず、今後様々な形で(例えば経済と言う形で)この国に再び大きな津波が到来する事を予感せずにはいられない。

震災のあと、私はいま自分が置かれているこの世界が堪らなく恋しくなった。
ずっと心の中で「潰れろ!」と願い、しかしそのような″でかい一発″など来ないことを知り、諦観のなかでサブカルチャーを貪っていた元少年に、そのような事を言う資格があるとは到底思えないが。

“人が居ること、街があること”のありがたさを実感しているだけではない。
いや、むしろ震災後に見られた買い占め騒動に露見したように、人はいまだ孤独であると言えるのかもしれない。
そのような問題ではなく、もっと手前の、根本的に別種の感慨が湧き上がってくる。

急に霧が晴れたかのような、離人感から醒めた朝のような、鮮明さ。
この感慨はきっと、この国の暗闇の“暗さ”を見たことによるものではないか。
その暗さを見たとたん、不思議と急に自分が存在しているこの日常が恋しくなった。
奇妙な感覚だ。
20年来続いた混沌が、さらに混迷を深めるやもしれぬ事態が襲来したというのに、実感はその逆を行っている。

関東一帯の電力事情が切迫するなか、スカイツリーも節電体制に切り替わった。
日頃から正式なライトアップはされていなかったが、工事用の照明灯が巨体を浮かび上がらせ、その存在を知らしめていた。
薄暗く、ぼんやりとした巨塔が、だまし絵のように、夜空にピタと張り付いていた。
その姿はいつにもまして、現実感に乏しいように感じられた。

この新しい日本のシンボルを祝福して迎えることが予定されていた未来。
過酷な日常のなかにある、些細な気紛らわし。
それぞれの人間が、それぞれの形でこの巨塔に想いを巡らせていただろう。
しかし今、そんな予定されていた祝福すべき未来が、とても欺瞞に満ちたものに感じられてしまう。
ついぞ一度も、この世界に対して主体で有り得なかった我々の諦観の延長に、いかなる祝福が準備されているというのか。
それを祝福することは、いったい誰がためであるのか。

私はいま西へ向かっている。
震災後、激務を強いられている叔父の会社を手伝うためだ。
多くの人たちがそうであるように、私の意識も常に東か、あるいは北へと向けられていた。
だから、関東圏から離れることに、状況から逃げ出すようなバツの悪さを感じるが、今の私に出来ることはこのくらいしかない。
当事者であらざるを得ない状況が、否応なく、人々を状況の主体者に変え続けている。
それはとても厳しいことで、部外者になるためのゆとりも、無視を決め込む余裕すらなくなっている事を示している。
私が感じた“恋しさ”の正体はこれだ。
世界に対して傍観者でしかなかった自分という存在が、いま確かに主体者として存在しているという実感。
存在の承認を勝ち取るよりも先に、世界の方からそれがやってきた。やってきてしまった。
自分自身の存在を世界の中で実感したとたんに、この世界を恋しがる身勝手さ。
不謹慎だと思われても仕方がないが、正直に告白しなければならないだろう。

この国の闇の暗さを予見してしまった以上、我々はなにかをやらざるを得ない。
ボンヤリとした薄闇のなかで、″やらない″という選択肢はもうないだろう。
闇の暗さがどのような色であるにせよ、薄ぼんやりとした闇の中にはもう戻りたくない。
そんなものに“復興”などしたくない。世界に対する恋しさがそれを許さない。

3.11からまたやり直したい、などという未来が来ることが恐ろしい。
そんなことになれば、この震災(および原発事故)は、我々の“ダメな歴史”として永劫、記録されてしまう。
そうならないために、私は自分自身に、状況の主体者であり続けること、なにかを実行することを課した。
そのような理由で、香川へ向かう。

多くの犠牲を糧にして、祝福すべき未来を実現したい。
巨塔は真の日本復活のシンボルとなれるか。

2011/4月/10日


日記より転載。
  1. 2011/04/19(火) 20:51:25|
  2. Das Foto vom Tag.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CP+ その後 ~赤レンガ倉庫~

IMGP8363-2
PENTAX K-5
smc PENTAX-DA 15mm F4 AL Limited
SS1/500
f/7.1
ISO100
LR3 RAW現像
桜木町
10/Feb/2011


IMGP8364
PENTAX K-5
smc PENTAX-DA 15mm F4 AL Limited
SS1/320
f/6.3
ISO100
LR3 RAW現像
横浜赤レンガ倉庫
10/Feb/2011



IMGP8367
PENTAX K-5
smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
SS1/100
f/6.3
ISO100
LR3 RAW現像
横浜赤レンガ倉庫
10/Feb/2011


なにがどうなったらそうなるのか、わからない。
いつの間にか、WBが“曇天”になっていた。
バッグの中でカメラが踊った結果と思われる。
写真の雰囲気が良かったので、そのまま訂正せずにうp。

昨日K-5を入院させてきた。
センサーの汚れを取ってもらうためだ。
センサーごと交換になるみたいだけど、ボディーごとまるまる新品交換ってのはやめて欲しい。
それなりに愛着というものがあるからね。
ぜひセンサーだけの交換で済んで欲しいものだ。

レンガの耐久性はコンクリの比じゃないってタモリが言ってた。
この赤レンガ倉庫はいつ見てもきれいだけど、裏で保存に大変な苦労があるんだろう。

金町にもあるんですよ、レンガ倉庫。
ほんとただのボロ倉庫で遺跡的な価値があるかどうか謎なのだが、なぜか壊されずに残ってる。
鉄球の方は、公園のモニュメントとして再利用されることで決着したみたい。
だけどレンガ倉庫の方はどうにもならないだろう。落書きだらけだし、壊れかけてるし。
残っているのは撤去費用の関係っぽい感じがするんだけど、どうなんだろう。
そう考えると、早いところ撮影しに行こうって思うんだけど、近場だとわざわざ行こうって気にならない。

Das Foto vom Tag.

やばい、はやく行かなきゃ壊される。
  1. 2011/02/18(金) 11:37:53|
  2. Das Foto vom Tag.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

パム太郎

Author:パム太郎
・1984年生まれ

・出生地 香川県/出身地 千葉県

・某TY大学 文学部哲学科卒

・ペンタックスと浦和レッズを愛する

・ビールはサッポロ CPUはAMD

・アンチアフィリエイト派

・社会のボトムズ

・メールアドレスは
 pam.taroあっとgmail.com

・Mixiからの引き継ぎブログです。

 古い記事はこちら↓
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6914944

・twitterはこちら↓
 http://twitter.com/PAM_TAROU
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (17)
映画・アニメ (2)
写真機材 (5)
釣り (9)
今日のおジャンク (7)
つるつるっと巡る (10)
Das Foto vom Tag. (15)
PCとオーディオ (3)
ハンドメイドルアー (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。