Das Foto vom Tag.

本家HP『釣り人狼』内のブログという位置づけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

K-5デビューキャンペーン その3 CDM3を使ってベンチマーク ~正体見たり~

IMGP2600.jpg

Check Flashによる初期不良チェックも無事パスしたので、本題のベンチマークを実行してみる。
テストするのは今回の主役SANDISK Extreme 16G class10(写真左)と、
愛用している東芝8G class10(写真中央)。
同じclass10で単純にスピードに違いがあるのかどうか、という比較を行いたいと思う。

両者は同じバイト数であっても二倍の価格差がある。
小生がいつも愛用しているのは東芝class10の海外パッケージ品。
海外パッケージということで保証がついてない。
対して、SANDISK Extremeの方はというと、無期限保証なるものがついてきている。
価格の差というのはこの辺に根拠があるのだろう。

ちなみに写真右のSDHCはハギワラシスコムの製品だが、中身は白芝(※将来もずっとそうだとは保証できないが)。
本家白芝がいまいち安くないときはハギワラシスコムのclass10を調べてみると良いかもしれない。

ベンチに使うソフトは定番の『Crystal Disk Mark 3(64bit)』
CDM3.gif

Sequential,512k,4k,でそれぞれ読み書きテストを行う。
4k que depth=32のテストに関しては、これはNCQ対応のHDDドライブなどに行うテストなので今回は行わない※。
 (※実行するとPCが調子悪くなりました)

使用するリーダーはIO-DATAのUSB2-W33RWとかいうやつ。
IMGP2598.jpg
廃棄になったのを拾ってきて直して使ってる。三つ同じのを直した。
たぶん、小生の予想では、この程度のリーダーではIOスピードが頭打ちになって、
Extremeのウリである30MB/秒の性能は出ないモノと思われる。

さて、まず最初に東芝8G class10 SDHCカード、いわゆる白芝。
海外パッケージ品であるが、中身はまったく国内流通品と同一。made in JAPAN.
白芝


-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 18.347 MB/s
Sequential Write : 15.740 MB/s
Random Read 512KB : 17.983 MB/s
Random Write 512KB : 5.843 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 3.011 MB/s [ 735.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.139 MB/s [ 34.0 IOPS]

Test : 50 MB [H: 0.0% (0.0/7852.0 MB)] (x5)
Date : 2010/12/17 2:53:17
OS : Windows 7 Ultimate Edition [6.1 Build 7600] (x64)

わっはっは、やっぱり20MB/秒すら出ていない(笑)
もうちっと良い感じのリーダーが必要ということが証明されてしまいましたな(笑)
しかし、ま、このくらいスピード出てくれればデジカメ使用で問題ないし、タダで拾ってきたリーダーに文句言っちゃあいけないな。




つぎ、本命SANDISK Extreme 16G class10
 
SANDISK

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 18.537 MB/s
Sequential Write : 16.300 MB/s
Random Read 512KB : 18.173 MB/s
Random Write 512KB : 2.575 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 2.895 MB/s [ 706.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.024 MB/s [ 5.8 IOPS]

Test : 50 MB [H: 0.0% (0.0/14.8 GB)] (x5)
Date : 2010/12/17 3:22:26
OS : Windows 7 Ultimate Edition [6.1 Build 7600] (x64)

たしかに若干速い。
何度やっても白芝よりちょっとだけ速いので、絶対的な速度はExtremeに軍配が上がるんだろう。
しかしこちらもやはりリーダーの性能に難ありですね。
こりゃあ、宝の持ち腐れってもんだなあ\(^o^)/オワタ

って、ん・・・?

何かがおかしい。
ランダムライト4kの数値が明らかに低い。
試しに数回同じテストをやってみた。

結果かわらず。

ランダムライト4kが劇遅・・・・

これMLCじゃん










\(^o^)/・・・。



















うわああああああああ、ExtreamってMLCダッタディスカー!!

あうあー・・・、SANDISK Extreamについて調べてみたら、
どうやら市場にはSLC版とMLC版が混在してるみたいですなー。あー知らなかったわー。
しかも最近ではほとんどがMLCに移行しているんだとか。

スピードが速いか遅いかに関してはまったくMLCでも問題ないんですよ。
デジカメでランダムライトとかいらないですし。
だけど、耐久性という観点で言えばMLCはSLCの十分の一の書き込み回数耐性しかないと言われているので、
MLCと分かって買うならまだしも、高性能を期待して手に入れたSDHCがMLCだと正直言って気分はよくないよねえ。

さて、どうオチを付けようこの記事。
ExtremeはSLCと勝手に勘違いして話を進めていたモンで、
最後は「みんな、良いカードリーダーを買おう!」みたいなオチにしようかと思っていたんだが、
とんだ富野的なアレが炸裂することになってしまった。
さて困ったものだ。

MLCとSLCの違いは各自ググってもらうとして(めんどくさいので書かない)、
とりあえずSLCとMLCの見分け方について書いてお茶を濁しておこうか・・・。

よく言われてるのが4kランダムライトが0.1を超えるものがSLC、
反対に0.1を大きく下回るものがMLCと言われている。
大きく下回るというのはどのくらいかというと0.05以下という風に考えて良いと思われる。

SANDISK Extremeのネガキャンみたいになっちゃったけど、
Extreme、白芝両者ともに長所は、ある、はずですよ。

コストパフォーマンス&SLCの白芝を取るか、あるいは、シーケンシャルの絶対性能&無期限保証のExtremeを取るか、
人それぞれ決めれば良いと思いますわ。

小生はSLCの 白芝を取りますが。

名実ともにエクストリームなカードですね。なんてオチがついてしまったところで、お開き。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/17(金) 03:34:51|
  2. 写真機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

K-5デビューキャンペーン その2 Check Flashを使って初期不良チェック

IMGP2441.jpg


忘れた頃に届くプレゼントってのは本当にうれしいモノ。
バイトから帰宅して、ドアにヤマト運輸の不在票があるのを見てはっと思い出した。

ペンタックス『K-5デビューキャンペーン』の景品SDカードが届いたんですね (゚∀゚)
応募用紙を投函したのが12月1日、ちょうど二週間くらいで届いたことになる。
予想よりもずっと早かった。

出勤時間の都合上、なかなか受け取ることが出来ないとわかり、
キャッチするまでのその空白の二日間、どれだけそわそわしてしまったことか。

通販をよく利用する小生だが、
注文するのは簡単、しかし受け取るのが至難の業。

不在票に書いてある宅配ドライバーの電話番号に連絡すれば済むことなのに、
時すでにお寿司。
帰宅時間はだいたい夜9時をまわってしまっているし、勤務中はケータイをチェックできないから、
次の日もその次の日も、宅配の人にはわざわざ不在票をドアに挟みに来てもらうということが続いてしまう。
仕事中にケータイをいじるような、そういうパートババアどももいるけども、
小生としてはそういう不真面目なことはしたくない。というかそんな暇がない。
勤務中に隠れてコソコソケータイやってられるような身分じゃないんだ。

不在票に書いてある案内を見てみると、どうやらネットを活用して時間の再指定をすることができるらしい。
さらに言うと、近くのコンビニに預けて深夜でも受け取りにいけるサービスもあるらしい。
へぇ、それっていいじゃんねえ。今後活用させてもらおう。
不在なのにわざわざ来てもらうのは本当に申し訳ないからね。

さて、届いたのはSANDISK Extreme SDHC 16GB Class10
転送速度30MB/秒をうたうクラス最速のSDHCカードとのこと。
これ、買うと結構高いのなー。
ペンタックス太っ腹だわーありがとうなーペンタ-。

小生、いつも東芝の海外パッケージ版を叩き売りの時に買っている。
クラス10の16GでだいたいSANDISK Extreme 16G(C10)の半額くらいだ。
円高還元とかいろいろ条件はあるだろうけども、
2倍近くするこのカードの実力はいかに?ってのは気になるところ。

ということで、ちょっと白芝とのベンチマークをしてみよう。

と、そのまえに、これはみなさんにもおすすめできる事なんだけど、
SDカードやUSBメモリを買ったときにやっておくと良いこと、ってのを紹介しようとおもう。
知ってる人はすでにやってると思われるが、知らない人は是非是非。

それはSDカードの初期不良チェック。『Check Flash』というフリーソフトを使う。
全ての記憶域ブロックに実際に書き込み読み込みをかけて、つぶれてるブロックがないかどうかを調べるてくれるソフト。
全てのテストが終わるのに、だいたい(16GのSDHC class10で)1時間くらいかかるけど、
これは是非やっておくべきじゃないですかぁ~?
実際使ってみたらデータがぶっ壊れてたとかシャレにならないんだからね。

注意点は、カード内のデータが全て消えるということ。
記憶域の全てに書き込みを行うので完全に消えます。
データ復旧ソフトでもサルベージできないと思われるので、かならずデータが消えても良いカードかどうか
いちど確認してから行うようにしてください!!

名称未設定-1

使い方はChkFlsh.exeをダブクリ起動。
①理論ドライブとして(NTベースのシステムのみ)にチェック
②SDカードのドライブパスをプルダウンから指定
③読み書きテストにチェック(そのすぐ下)最小パターンにチェック
④フルパス1回
⑤スタート

エラーブロックが発見されれば、右側のグラフに赤く表示される。
これでテストが終わるまでひたすら待つのみ。

たまにスタートを押してもエラーがでてテストが走らないことがある。
そのときはCheck Flashを一度閉じて、SDカードをクイックフォーマットしてから、テストを再実行するとちゃんとテストが実行できると思うので試してみてください。




余談であるが、不在票に書かれていた差出人名に戸惑いを感じざるを得ない。
1日目の不在票がこれ。
IMGP2443.jpg

ビューキャンペーン。


(K-5)ビューキャンペーンの間違いじゃないのか・・・?
というか普通ペンタックスとかHOYAとかじゃないの?
お歳暮のシーズンだから忙しいというのがよく伝わってくる。ほんとお疲れ様です宅配の方。

二日目に入っていた不在票がこれ。
IMGP2444.jpg

ビコーキャンペーン。

正直、片鱗を味わった。

その3に続く。
  1. 2010/12/16(木) 21:43:16|
  2. 写真機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F AFアダプター X1.7

IMGP8643 (2)


そろそろ生産終了になる、とかすでに生産してないとか、いろいろ言われていたので、
無くなる前に一つ買っておこうと思ってました。
一時アマゾンで16000円台後半くらいの値段で売っていたと記憶しておりますが、
その激安祭りには乗れず、買い時を逃していました。

どこにも在庫がない状況が続いていたのですが、
中野のフジヤカメラで予約販売を受け付けていることを知って、
とりあえず、注文。

返信メールには「半年待ちの可能性あり」と書かれていたのですが、
まあ、忘れたころに届くのも楽しいだろうということで、
さっさと入金。

で、ビックリしたんだけど、入金後即日出荷、翌日到着

なんだそりゃ?!

2chなんかで調べていると、
どうやらこのF AFアダプター X1.7、一年で二回の生産を行っているそう。
つまり、メールに書かれていた六ヶ月待ちの記載を鑑みるに、
半年に1度の生産なのではないだろうかと。

その半年に1度のビッグウェーブに、運良く乗れちゃったということらしいね。
これはラッキーでした。
フジヤのサイトを見ても「入荷しました」と出ているので、キャンセル分が回ってきたというわけではなさそう。

保障は出来ませんけども、今の内注文しておけば、待たされずにゲットできるっぽいですよ。




 . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::: * 。+ ゚ + ・
        ∧ ∧.  _::::。・._、_ ゚ ・     これで心置きなくBORGをIYHできますね
       /:彡ミ゛ヽ;)(m,_)‐-(<_,` )-、 *   おっと失礼、
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::iー-、     .i ゚ + もちろん高感度耐性抜群のK-5と組み合わせるんですよね
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  ゝ ,n _i  l   高速AFと高感度、鬼に金棒さすがです
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄E_ )__ノ ̄
  1. 2010/10/05(火) 16:13:58|
  2. 写真機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

実写報告 FUJIFILM Cardia mini TIARA

恐ろしくタイトなスケジュールで台北へ行き、
帰国して即バイトが続き(休んだ分バイトが立て込む)、
わずかな時間を見つけて写真のRAW現像作業をやり、
さらにさらに残された時間(これは睡眠時間を削って捻出される時間)で
K-r・K-5の情報収集に明けくれていたパム太郎です☆キラッ

RAW現像も全て終わり、同行者へ写真を転送完了したところで、私の台湾旅行は全て完了しました。
台北ではほとんどの時間を食べモノにささげ、案の定2kg太ってしまったのですが、
食い溜めとしては最高の5日間だったと思う。

台北は灼熱であったが、空気はカラッっと爽やかで、
煩わしい電柱もキャッチのギャル男も存在しない都市というのは、
空も地も生命力と活気にあふれたモノなのだな、と感じた次第です。

台北で撮った写真に関しては、少しずつ『Das Foto vom Tag.』のコーナーで小出しにしていく予定。
同行者や近しい人達にはすでに写真を全てうpしてしまったので、
本ブログでうpっても誰得って感じだが、すこしでも偶然アクセスしてくれた人達の目の保養になれば幸いかと。

さて、『Das Foto vom Tag.』をうpする前に、
前々回の日記で紹介した新同品ジャンク『FUJIFILM Cardia mini TIARA』の実写報告をうpしようと思う。
あくまでテスト撮影なので芸術性を問わないでくれるとありがたい(と、予防線をあらかじめ張っておく)。

なお、フィルムのスキャニングにはケンコーから発売されているスライドコピア(以下コピア)を使ってみた。
フィルムスキャナーは高いし何よりも取り込みがおそい。
フラットベッドはピントが合わない。
ならば、と第三の道を選択してみたのだが、個人的には面白い機材だと感じている。
WEBをググってみても、以外とレビューの少ないコピアだが(2chにすらスレがない)、今後、本ブログで本格的にTIPs(使い方)を紹介してみようとおもう。
だが、まだまだみなさんに紹介出来るほどの技術的含蓄がないので、もう少し実験を重ねてからということになるとおもいますが・・・。

撮影機材
Cardia mini TIARA
フジカラー SUPERIA PREMIUM 400
撮影モード:ストロボ発光禁止


スキャン機材
ケンコー スライドデジコピアDSLR
PENTAX K-x
光源:自然光(快晴)
現像:LR3


IMGP8256
台湾車站(台北中央駅)。地下にはMTR(地下鉄)が走っている。

IMGP8257
西門。若者の街。アニメイトとかがあった。日本でいうところの原宿みたいなものらしい。

IMGP8214
どうしてもフィルムの色かぶりが抜けない時がある。取り込みの段階でなにか工夫が必要なんだろう←研究中

IMGP8251
測光がかなりいい加減ということは前情報で知っていたけど、こういう室内逆光だとかなり厳しいみたい。
LR3で暗部を持ち上げまくってやっとこれ。粒子荒れまくり。
かっこいいけど、これを意図的にコントロールするのは厳しい感じもする。

IMGP8259
今度は露出が全部空に持ってかれてる。これはこれはカッコイイ。
もはやこういう偶然を楽しむネタ的な役割のフィルム撮影。

IMGP8247-2
ゆがみはやはり少しある。樽型か?微妙すぎてわからん。

IMGP8233
YES!そうだ!こういう絵が欲しかったんだ!ヘヴィーでカッコイイ。映画みたい。これこそが私がフィルムに望むこと、あこがれること。
モデルは同行者のわっぴー氏。お疲れ様でした。またどこか旅行一緒にいきましょう。



この手の単焦点コンパクトカメラはピントがハマルと凄まじい描写力をしてくれる。
どうやらこのカメラの得意なピント位置というの無限遠よりももっと近い距離。
近距離から遠距離にかけて、だんだんとピントが甘くなっていくように感じた。
ただ、当然もともとジャンク扱いのカメラだったので、本来ならば無限遠でもビシっと描写してくれるのかもしれない。
あるいはフィルムの特性か。
そのへんは今の環境では反証不可能だしそこまで自分には知識がないので鵜呑みにはしないで欲しい。
しかしやはりピント位置や構図調整には苦労するもので、いつでも狙ったように撮れてる保障はないんだね。
一眼レフの偉大さを再認識。

そんな感じで、こういう小さいフィルムコンパクト機を一つ旅行のお供に連れて行くというのはファジー要素を楽しむという意味で、とても奥深く様々な喜びを撮影者に与えてくれる。
その場ですぐ画像が見れるデジタルもいいんだけど、やっぱり現像があがるまでわくわくする気持ちというのも本当にすばらしいものだ。
お楽しみのために、今後も是非フィルムコンパクト機をひとつ忍ばせて旅をしてみようとおもう。

スライドコピアに関しては、これからも探求していくつもり。
私の感触では、どうやらフィルムによって色かぶりに相当癖があるような、そんな気がしている。
とくに今回使ったフジカラーのスペリアプレミアム400は、色がえぐい。
マゼンダのえぐさがハンパ無い感じで、けっして素直なフィルムではないように思う。


その辺のコピアとフィルムの相性の問題も含めて、早くみなさんにTIPsとして伝えられるようにしたいと思う。
  1. 2010/09/22(水) 01:13:20|
  2. 写真機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SDカードケース FC-MMC4

IMGP6669.jpg


サンワサプライのFC-MMC4BLというSDカードケースを買った。
今までずっとSDカードが丸出しのままカメラバッグのなかでジャラジャラしてたから、
ケースが必要だろうってずっと思ってた。

まあ、メディアケースは色んなメーカーから出てるワケだけど、
どれもいまいち決め手に欠けるなあって思ってた。
で、消去法でこいつを買った訳だが、判断基準はデザインと価格の釣り合い。

理想を言えば、
●SDカード8枚以上収納可
●収納しやすく、なおかつ取り出しやすいこと
●キーホルダー付き
●なるべくシンプルなモノ
という条件だけど、キーホルダーを除いてこいつが一番理想に近かった。

ビックカメラで980円。
自分の店なら社割でもっと安いだろうけど、うちの店はクソだから取り寄せ必需。
こんくらいのモノはその場でサクっと買いたいわけで、ビックカメラで買ってしまった。

まあ、そんなにたくさんカード持ってないんだけど、これからドンドン増えるに決まってるので、
できるだけ大入りの方が良いなって思ってる。

16GBじゃなくて16MBです。もちろんネタで刺してます^^;
IMGP6670.jpg

で、肝心の使い勝手だが、正直びみょ~だったと思う。
デザインとか収納の機構とかは(キーホルダーが付かない事を除いて)申し分ない。
使い終わったカードを裏返しにして収納できるのもかなりポイント高い。

問題はカードの保持力が非常に弱いことだ。

たとえば、
ケースを床に落としてみた後に、パカッっと開いてみると、
このざまですよ。
IMGP6673.jpg

これじゃあケース開ける度にカード落下の恐怖にさいなまれる。
おろそしいおそろしい。

なんでこんな簡単なモノすらちゃんと設計できないかね。
理想のカードケースはどこにある!?
なかなかうまく行かないもんだな・・・。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/24(火) 04:49:58|
  2. 写真機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

パム太郎

Author:パム太郎
・1984年生まれ

・出生地 香川県/出身地 千葉県

・某TY大学 文学部哲学科卒

・ペンタックスと浦和レッズを愛する

・ビールはサッポロ CPUはAMD

・アンチアフィリエイト派

・社会のボトムズ

・メールアドレスは
 pam.taroあっとgmail.com

・Mixiからの引き継ぎブログです。

 古い記事はこちら↓
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6914944

・twitterはこちら↓
 http://twitter.com/PAM_TAROU
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (17)
映画・アニメ (2)
写真機材 (5)
釣り (9)
今日のおジャンク (7)
つるつるっと巡る (10)
Das Foto vom Tag. (15)
PCとオーディオ (3)
ハンドメイドルアー (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。