Das Foto vom Tag.

本家HP『釣り人狼』内のブログという位置づけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊豆・伊東港 ふかせ釣り ~3月上旬の伊豆はまだまだ冬だった~

3月5日。伊東港へ行ってきた。
水温が12度超えてきたので、そろそろ魚も動き出すだろうということで。
同行は“釣り人狼”メンバーGARAM氏。おせわになります。

が、実際行ってみると、夜はまだまだ寒く、氷点下を下回っていた。
AM06:30の満潮を狙ってAM04:00ごろからのエントリー。
電気ウキの幻想的なゆらめきに見とれながら、時間だけが過ぎてゆく。

釣れない。寒い。

GARAM氏が根掛かり。
買ったばかりの電気ウキ(1500円)が流されていく。
新品の釣り具はロストしやすいの法則みごとに発動。切ない。

同行者GARAM氏の提案で白灯堤防から新井堤防へ移動。
潮が完全に止まっていた。オワコン臭が漂う。

GARAM氏、見釣りで20cmくらいのメバルをゲットしてボウズ回避。

くっ・・・オレはそんなショボイ釣りはやらないぜ・・・!(←といいつつ、ちょっとやるが釣れず)

気を取り直して、ベーシックなフカセを徹底する。

AM09:00頃、20cmくらいのアイゴが釣れる。
相変わらずパンクなカッコした魚だぜ。触らずに蹴って海に戻す。アディオス。

潮の動くラインを発見。
コマセを余らせてもしょうがないので、全部投入するつもりで最後にちょっと本気を出そうという話になる。
潮が港内から沖へ流れている。完全に引き潮だが悪くないぞ。

AM10:40頃、ウキに微妙なアタリ、微妙すぎて確信が持てなかったが大きくアワセ。

グリンッ

生体反応が有った直後、根掛かりのような感触へ変わる。
まったく動かない。

「やーこれ昆布釣ったかもしれんわ」

根掛かりと断定しテトラを移動しつつ糸を切るつもりで竿をあおる。

グリンッ

「あれ?」

なんか上がってきた。なんかついてる!

IMGP8425.jpg

イェーイ!超寒いのにめっちゃトロピカルな模様!なんだこの魚は!?
ジャスト30センチ!

ぎゃーぎゃー騒ぐオレ達を見て近くで釣りをしていたオジサンが2人走ってくる。

おじさん「あーそれタカノハだ ハハw」

「え?ハスノハ?え?」

おじさん「タカノハ」

「タ・・カ・ノ・・ハナ?」(良く聞き取れない)

「これはベラかなんかの仲間ですか?」

おじさん「いやー普通にタイの仲間だよ」

「へーじゃあ美味しいかもしれないですねえ」

おじさん「・・・・。」

このときのおじさんの沈黙の意味を後で知ることになるのだが、
この魚の詳細をネットで調べてみるとだいたい以下のような事が言われている。

○タカノハダイ。しっぽの模様が鷹の羽に似てることから。
○鯛の仲間ではなくサンフィッシュ科の仲間であり、あやかり鯛の一種
○本州中部以南のどこにでも居る
○独特の磯臭さがあり食用に向かない
○定置網によくかかるが、即座に捨てられる
○潮が止まった状況下でも比較的餌への反応がよく、多くの釣り師を落胆させている
○タカノハが釣れ始めるとグレやチヌなどのほかの本命魚が釣れない
○地方名でションベンタレ(小便垂れ)ヒダリマキ(左巻き)などともいわれている。
○ごくまれに冬のタカノハは美味しいという主張をする人もいる。

おいしくない魚の代表格みたいな扱いで、外道中の外道、まさに外道王

タカノハを釣ったことも見たこともないオレは、とりあえず魚が釣れた喜びそのまま、きっと美味しい魚に違いない、と勝手に断定し、キープして持って帰ることにした。
この魚を釣って大喜びしてる人間はそうとうアレな人間に見えただろう、と今になってわかる。
きっとおじさん達も喜んでるオレを傷つけまいと、美味しくないという事実を言わずにいてくれたんだろう。

ネタで食べてみようと思ったのだが、まずおろすのが大変。
ウロコが固すぎて歯が立たない。30分以上かけてハンマーの様に包丁で打撃をくわえ続ける(安心せい、峰打ちじゃ)。
やっとウロコが取れた頃にはもう体力も気力もモチベーションも低下しきったまま。
皮に穴が開き、皮を剥ぐ作業もうまくいかない。
ウロコが飛び散った台所と、まな板の上にたたずむボロボロになった肉塊を見て、オレは全てを無かったことにしたくなった。

そっと生ゴミに捨てた。



終。





前回の釣行ではまったく気づかなかったが、伊東港にイルカがいる。

IMGP8429.jpg

GARAM氏「イルカの釣り堀か?!」

発想がすごい。そのアイデアはなかった。

シーシェパードに通報してみたくなる。

『拝啓、シーシェパード様。日本にはイルカの釣り堀がある。これは問題だ。』

きっと彼らはイルカを解放しに伊東港へやってくるだろう。

IMGP8437.jpg

ってのは冗談で、きっとこれは伊東港にあるダイビング教室の所有してる何かだろう。
なぜイルカが居るかわからないが。あ、決してギャグじゃない。




釣りを始めてからずっと気になっていたのだけども、沖に浮かぶ巨大な不気味な影。
漁船にしては巨大すぎ、フェリーにしては形がいかつ過ぎる。
陽が昇り始めてその正体がやっとわかった。

イージス艦だ。
(ナンバーを調べたところ“ちょうかい”であった)

IMGP8420.jpg

写真ではなかなか大きさが伝わらないが、漆黒の闇に浮かぶ巨大な要塞はとても迫力があった。

イージス艦、シーシェパード・・・なんだか胸アツだな・・・。
  1. 2011/03/10(木) 15:59:40|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西へ。 ~震災から一ヶ月~ | ホーム | 今日のおジャンク smc PENTAX-M 200mm F4 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pamtaro.blog119.fc2.com/tb.php/43-b507a8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パム太郎

Author:パム太郎
・1984年生まれ

・出生地 香川県/出身地 千葉県

・某TY大学 文学部哲学科卒

・ペンタックスと浦和レッズを愛する

・ビールはサッポロ CPUはAMD

・アンチアフィリエイト派

・社会のボトムズ

・メールアドレスは
 pam.taroあっとgmail.com

・Mixiからの引き継ぎブログです。

 古い記事はこちら↓
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6914944

・twitterはこちら↓
 http://twitter.com/PAM_TAROU
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (17)
映画・アニメ (2)
写真機材 (5)
釣り (9)
今日のおジャンク (7)
つるつるっと巡る (10)
Das Foto vom Tag. (15)
PCとオーディオ (3)
ハンドメイドルアー (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。