Das Foto vom Tag.

本家HP『釣り人狼』内のブログという位置づけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オレはいま、確実に神になっている。 某巨大ため池 52cm

IMGP1149
香川県・某巨大ため池
Rod:ダイコー ブルーダー6.0ft/ML(2ピース)
Reel:ダイワ TD-X 103V
Lure:ラッキークラフト ベビーシャッド75SP


オレはいま、確実にになっている。

七月の最後の日から今日までまともに釣った三匹のバスは全て50OVER。
磯釣りを含め、数年前から続くこの魚運はマジモンとしか思えない。
正直自分が恐い。

某ため池の状況はだいぶ水が減ってきて、最初に来たときよりも70cmくらいは下がっていたか。
ウィードがよく成長して、全体的に水面まで伸びてきている。
なるほど、オープンウォーターだと思って闇雲に釣っていた場所が、実は広大なウィードエリアだったのか、と初めて気づいた。

日が出ている間はフラッシュミノーぱしぱしで様子を見る。これでデカバスがかかればそれほど楽な釣りはない。
しかしそんなに甘くない。
15センチほどの小バスがウジャウジャ湧いている。冗談抜きで磯釣りのときのスズメダイ状態。
ミノーがヒッチャカメッチャカに引きずられて、ワンキャスト5ヒット以上のアホな状況。
おまけに小バス一匹引き上げたらおまけでもう一匹くっついてきた。
ダブルフッキングというのではない。おまけの子バスはルアーよりもっと手前(トップガイド側)。
つまり、ラインに噛みついてきて、そのままリトリーブされて陸揚げということだった。
クレイジーだね。

こいつらを避けながら釣るというのは大変だ。
ビッグベイトを投げて釣り分けようにも、オレはそんなモダンなもの一個も持ってねえ。
バーブレスにしたミノーを投げて、小バスが噛みついてきても一切アワセを入れずに自然にフックオフされるのを待つのみ。
アタリがあって30センチ以上の確信があるときだけ手首のみひねって小さくあわせる。
そんな釣りをずっとしていたが、結局、大物の気配は無し。

そして日が暮れた。

日が暮れると状況は一変する。
あれだけ荒れ狂ってたバス達がパタっと活動をやめてミノーを追わなくなる。
きっとミノーが光っていないんだろう。
こうなるとキビシイ。
いつもなら収竿ということになるが、こっから先の釣り方を開発したいという気持ちがずっとあった。
餌取りが消えた日没後となれば、かならずビッグフィッシュのチャンスがあるというのは磯釣りの定説だ。

関東のスレっからしフィールドで培った知識と経験を総動員してたどり着いた答えがベビシャ。
ミノーぱしぱしの早い釣りから、じっくり見せて食わせる釣りへと方針を変える。
牛久沼で三回アタリが来て、三回ともライントラブルでバラした釣りだ(あのときはかっこつけてカージナル33を使っていたし、なぜかラインがPEだった。まったく意味不明)。
それ以来ベビシャでアタリが来たことはいちどもないが、広大なウィードエリア、緩やかに差し込んでゆく護岸、日没。あの時と条件がぴたりと一致している。もう8年も前の牛久沼の光景がよみがえる。

手返しは悪くなるが、遠投後まずは潜らせてポーズ。
竿のストロークを最大限つかって大きめのトゥイッチを三回、そしてポーズ。
それを繰り返していると、ベビシャのリップが護岸に到達した感触。当然ウィードの中にもつっこんでるハズだ。

そしてポーズ後のワンアクション目でモッタリ重くなったのであわせたらドンピシャ!
小バスのビキビキしたアタリとはまったく次元が違う。
ほぼ足下。バットが絞り込まれあわせの余力をまったく持ち合わせていない弱いミディアムライトの青ダーで隙をみて何度も追いあわせ。
フックは全く貫通していなかったが、なんとか取れた。
個人的には牛久のリベンジが果たせた感があり、とてもうれしい。してやったり。

IMGP1143.jpg
中古300円で買ったベビシャ。珍しい色だったから買ったがこんな幸運を連れてきてくれるとは。

IMGP1152

腹がぱんぱんにふくれあがって、スポーン直前のバスかと勘違いしてしまうほど。
きっとため池のバスだから、小バスを食って成長しているんだろう。
なんだか恐ろしい話だが、そうして生き残ったバスはそれなりに強くたくましい。
日没後に接岸し、小バスを捕食し始めるのではないだろうか?と私はにらんでいるが、どうだろうか。
つぎは徹底した護岸狙いを展開してみようと思っている。

余談だが、写真撮影のごたごたで車のキーを草むらに落としてしまった。
探すのに1時間近くかかったのは秘密だ。
  1. 2011/08/09(火) 01:16:25|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<豪雨の野口ダム まさかの大減水 ストラクチャーウォッチ | ホーム | つるつるっと巡る よしの屋 やまかけ(大)編>>

コメント

これはすごいな
でかいそして美しい
ちょっと感動。
  1. 2011/08/09(火) 04:22:00 |
  2. URL |
  3. ozheke #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pamtaro.blog119.fc2.com/tb.php/69-011a038c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パム太郎

Author:パム太郎
・1984年生まれ

・出生地 香川県/出身地 千葉県

・某TY大学 文学部哲学科卒

・ペンタックスと浦和レッズを愛する

・ビールはサッポロ CPUはAMD

・アンチアフィリエイト派

・社会のボトムズ

・メールアドレスは
 pam.taroあっとgmail.com

・Mixiからの引き継ぎブログです。

 古い記事はこちら↓
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=6914944

・twitterはこちら↓
 http://twitter.com/PAM_TAROU
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (17)
映画・アニメ (2)
写真機材 (5)
釣り (9)
今日のおジャンク (7)
つるつるっと巡る (10)
Das Foto vom Tag. (15)
PCとオーディオ (3)
ハンドメイドルアー (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。